FA・モーションコントロールシステム事業

製品情報 >FA・モーションコントロールシステム事業 > ロータリーカッター

・連続した流れる帯状の厚紙、段ボール等を、移動方向に直角に所定の寸法で切断する。

・定寸切断

タッチパネルなどから設定された長さで切断。

・マーク切断

マークセンサが読みとった長さ(フィルム状の印刷物などの長さ)で切断。

長さの現在値はフィードロールで駆動されるコンベヤのライン速度から計算
フィードロールの速度制御無し:
インバータなどで駆動されたコンベヤ上に取り付けられたエンコーダからのパルスを計測。
フィードロールの速度制御有り:
フィードロールを駆動するサーボモータのエンコーダからのパルスを計測。

・印刷機と違いローター側を可変速します。可変速パターンは機械に滑らかに作用するように台形カーブだけでなく滑らか関数を使用することもできます。

・サーボ一体形1軸マシンコントローラ(定寸切断の例)

速度制御有りの場合はフィードローラ駆動用のサーボパックは別置きとなります

・従来のロータリーカッターは1回の切断ごとに起動・停止をする。→モータ容量の増加
本方式は特殊な電子カムパターンにより起動・停止はせず連続回転(場合によっては逆転もする)。 

・これによりモータ負荷電流を約20%削減でき,省エネはもちろん条件によってはモータの枠番を1枠下げることも可能。 

・特高速演算(スキャン時間2.0ms)により高精度切断(誤差±0.1mm)を実現。 

FA・モーションコントロールシステム事業

製品情報

Copyright(C) HAGA ELECTRIC Ltd. All Rights Reserved.  
pagetop